280Proof
何かおもしろいことがあったら書きたくも。
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッドクリフ見てきてみた
2008年12月27日 (土) 14:08 * 編集
話題の…というには遅めな感もありますが、レッドクリフpart1を見てきました。
一応ネタバレの危険があるので追記にて。

三国志好きとしては(もしかしたら予備知識のない人でも)突っ込みどころもたくさんありましたが、あれはあれで楽しめました。

そもそも本来の三国志ってどこだかよくわからないですしね。正史なんだろうか。

思ったほど劉備、諸葛亮が神格化されてるわけでもなかったあたりが個人的には高評価。
天才軍師だとか言われてたのできっとおかしい位の活躍をするんだろうなぁと思っていたので。
趙雲の大活躍は予想通り。劉備よりはるかに目立ってましたね…

あとは曹操が格好悪い…ですが、まあ、仕方ないのかもしれません。完全に悪役だし。
魏の武将たちにももうちょい脚光を!
脚光といえば、都督に任命された以外に出番のなかった程普も可哀相だった気がします。

しかし、やっぱり孫権はヘタレキャラなんでしょうか。
最初に鋭い眼光だったので、凛々しい孫権なのかと思っていたのに。
結局、「だって重臣たちが…」みたいなキャラになってしまったのはもはや必然なのか。

あとはやはりメインとも言える戦のシーンですか。
突っ込みどころ多数、多少ごちゃごちゃしちゃって何がおきてるのかわからなくなることもありましたが、やっぱり派手な戦はいいですね。見ごたえありました。

そしてラブシーンはいらなかったです。マトリックスのキスシーン並に。(?
だらだら長いし必要性を感じないよ。むしろ妊娠中だろうに・・・(?

あとはまあ映画そのものの感想ではないですが、画面が近すぎました。
一部、ディズニーのストームライダーとかスターツアーズのような感覚に襲われましたよ。
あれは酔う…

酔うと言えば、東宝のキャラメルポップコーン(売り場)は匂いがきつすぎて多少気持ち悪く。
映画館といえばあの匂いなのかもしれないけれども…

とりあえず、まだほとんどまったく赤壁には入っていない…というか前哨戦の段階なので、part2は一気に佳境突入と思われます。楽しみにしていよう…
スポンサーサイト
Comment
・コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
・この記事へのトラックバック
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。