280Proof
何かおもしろいことがあったら書きたくも。
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シーザーズバイオレット
2005年05月30日 (月) 20:35 * 編集
Scissors Violet
Caesars Violet

白ワイン 30ml
ドライジン 10ml
パルフェタムール 10ml
ソーダ 適量

シャンパングラスに注ぎ、バースプーンでステアする。(キューブドアイスを入れても良い)

パルフェの色がうっすらと出て、とても綺麗なカクテルです。
シャンパンのような気泡がその中を立ち上るので見た目にはとても綺麗です。写真はうまくとれなかったので割愛…残念(?)

味もパルフェの香りがアクセントになりつつすっきりと飲みやすくなっています。すごく調和の取れているカクテルだと思います。

レシピブックに載っていて気になったカクテルでした。
今検索してみたら一件も出てこない…あの本オリジナルなんだろうか。

レシピからして好みのカクテルだったので、バーで頼んでみたのがはじめてでした。

そのときの会話

バーテンダーさん:はじめて聞きましたよー。えーっと、どういうレシピで・・・?
私:(レシピ説明)いつもマニアックな注文ばかりですみませんー
  実は私も飲んだことないんですよー
バ:いえいえー。…あ、これおいしいですねー!
私:そうですかー?あ、ほんとだーおいしいー!
バ:僕のレシピに入れときます。名前なんでしたっけ?
私:シーザーズバイオレット、です。
バ:ありがとうございます!
私:いえいえこちらこそ!ご馳走様です!

数ヵ月後、また注文してみたときにすぐに出てきてくれたのが嬉しかったです(笑

材料も割と定番のものなので、是非是非皆さんお試しください!
スポンサーサイト
ワイン…
2005年05月28日 (土) 20:57 * 編集
今日は入院していた親戚の快気祝いで、フランス料理を食べてきました。

割と偏食な私でも大丈夫なコース料理。
うまー!牛頬肉の赤ワイン煮うまー!魚のカルパッチョうまー!
スープうまー!パンうまー!!クレームドブリュレうまー!!

…なんですが。

基本的に私、ワインが苦手みたいです。
味じゃなくて、酔い加減が。
赤ワインもおいしかったんですが…なんだか来ます。

基本的にはお酒強いつもりですし、スピリッツとかスピリッツベースのカクテルとかだったら、30度くらいのを10杯くらい飲んでも全然大丈夫だったりするのですが。
(体調にもよるけど)
ワインだとたったの3杯で顔真っ赤…
(もともと顔には出るけどそれにしても極端に。)

うーん。なんでだろう。
相変わらず
2005年05月26日 (木) 11:48 * 編集
就活です。王子にて。
めっちさんちから徒歩5分くらいの場所に行ってきました。

集団面接は軽く滑ったかな…でも割とみんな似たり寄ったり。
一人明らかにやる気のない人がいましたが。
向こうが喋ってるとき寝てましたしね。
喋り方も「っていうかやっぱ…」とか「…なんスけど…」でした。いいのかそれで(?)

帰りにおいしいパンを買って帰宅。
明治堂、オススメです。カボチャのアンドーナツとかヨモギのパンが特におすすめ。


ところで、このblogの表示なんですが、最近のコメント欄。
どのエントリーに対してのコメントか、というのが表示されてなかったので、
強引に表示させてみました。ちょっと満足。
ROの私といえば
2005年05月25日 (水) 02:35 * 編集
「いらないレア」を出すことにかけては天下一品なわけですが。

SD行くたびに首輪が出たりね…三回連続。
忠節、スクラッチマスクとかケインをスティルは当たり前…

なんですが。
今日はきわめつけでした。

バッタの足を集めに10分ほどバッタを狩ったのです。

その間に。

・装飾用花
・バッタ人形
・ロッカーカード
・緑の触覚
annex.jpg


…ひどすぎませんかこれ。orz
あまりにひどいのでネカフェからblogをかいてみる。
学ラン
2005年05月23日 (月) 18:55 * 編集
私の通っていた中学は半端なシステムで、春と秋だけ制服(学ラン)で夏と秋は私服、という学校だったのです。

(で、うちらの年代が頑張った結果、うちらの卒業と同時に完全私服化に。)

私の使ってた学ランは卒業時に近所の人にあげちゃってたのですが、妹が高校の体育祭(?)で使うらしく、今日うちに戻ってきました。

久々に着てみました。

……………うーわ。中がk…高校生?

妹:……………私の弟で通用するね!


orz





ねむい。
2005年05月20日 (金) 01:10 * 編集
眠すぎます。

…そんな中、ROでは眠くなる狩場なんばー1の「亀島」へいってきました。

…ごめんなさい。寝てました。寝ながら狩ってました。

夢見ながら狩ってました。
明日の就活のこと考えてたので会社説明会の夢。
でも、ROが混ざるわけで。

pest.jpg

↑コレが。
「我が社の大切な…」とか説明会で言ってる夢。
酷すぎる。

(はじめてのROエントリーがこんなのになるとは。)
今日も就活
2005年05月19日 (木) 00:22 * 編集
ゼミに参加できませんでした。ごめんなさい皆さん。

と、いうわけで一社目は九段下へ。
…いきなり総武線が止まってます。やれやれ。

で、着いたのですが…乳業会館。
まぁ、建物の名前からしてアレなんですが。
「○ー○公正取引協議会」
…うん。この建物は私には向かないね(?)

そして説明会。
…エントリーシートが妙に量が多い…
なんか業績ががんがん下がってる会社な気がしたのが気になりました。基盤は安定してそうなのである程度以下になることはなさそうですが。

教育制度はなかなか惹かれるものがあったので、技術力を身につけるにはなかなかよさそうです。

おわってからは九段下から徒歩でふらふらと。
御茶ノ水へ歩きます。意外と近いんですねぇ。
ヴィレッジヴァンガードで笑顔ではたらくゆらを眺めました。

びればん茶水点のお菓子コーナーが…ゆら色一色に染まってる…

ラヂオホールでのネタ(ファンシーモスコミュール)とかがちゃっかりポップに生きてるし。

そんな中、ポンジュースグミとハリボとワッフルを買いました。割引ありがとーうー。

で、ゆらと昼飯を食べました。
「のっくさんかあやさかマック、どれがいい?」
という聞き方はどうなんだゆらさん。

「のっくさん(と行ったお店)」は喫茶店らしいので、ご飯が食べたかったので「あやさ(と行ったお店)」へ。

ハンバーグが美味しかったです。確かになかなかにボリュームが。
ゆらさんは食べ過ぎたらしいです。

店をでて、またびればんでかるーく時間を潰して。

ここでゆらから一ヶ月遅れのプレゼントをもらいました。
「恥ずかしい本だから家帰るまであけちゃだめだよ!」
家帰ってから癒されました。
「Won't you come to where I am?」がお気に入り。
全体的に癒されましたですよ。ありがとう・

そして次の会社へ移動。また徒歩です。
神田駅と秋葉の間なんですが、なんか15分であっさり着きました。開場15分前。早すぎた。

15分コンビニでぐったりし、説明会へ。
ちっちゃい会社ですが、雰囲気はよさそうでした。


今日は二社、小さいとこを見に行ったんですがやっぱり大手とは雰囲気が違いますねー・・・当たり前ですが。
先日の気に食わなかったとこは必死になりすぎだと思いましたが…「儲けることを考えてない」って会社はどうなんでしょう(?)
まぁ、雰囲気重視です。あとはどれだけ成長できるかだ。
ドランブイ
2005年05月16日 (月) 22:26 * 編集
DRAMBUIE
http://www.drambuie.com/_enter2.shtml

スコッチウイスキーをベースに蜂蜜とハーブをブレンドしたリキュールです。
ドランブイの意味は、ゲール語で「心を満たす酒」なんだとか。

オンザロックが定番…らしいのですが、個人的にはそのままだと甘すぎます。
何かで割って飲みましょう。
ミルク割りがひたすらに飲みやすいので、まずオススメです。
冬はホットミルクで割るのです。それだけで幸せに。シナモンスティックでも添えればもう至福の時じゃて(?)

と、いうわけで私的にはこれは冬のリキュールです。冬の必需品です。ホットドラムもありますしね。
飲むとやっぱり落ち着きますー。

そして、やっぱりドランブイのカクテルといえばラスティネイル。比率はドランブイ少な目がいいです。甘さ控えめ。
いつどこで飲んでも満足の一杯です。
スコッチのリキュールなので当然といえば当然ですが、全般的にウイスキーとの相性が抜群です。特にスコッチ。

個人的に気になるのがエメラルドミスト。
ドランブイ45mlブルーキュラソー20mlをクラッシュドアイスをつめたグラスに、という強烈なレシピ。
味はきっと甘くてきついんですが、色とかどんな感じになるのだろう。

ドランブイ
今日の就活
2005年05月13日 (金) 12:18 * 編集
今更ながら就職活動中です。

今日も二社まわります。…で、今さっき一社目が終わったとこでした。
酒の卸売りと営業。営業向いてないとかは今更なので言わないでください。

で、説明会でお話を聞いていると「お客様を大事に」が売りのようです。
具体性ないなあ、当たり前ではないのだろうか、と思ったりしてました。昨日行ったとこが凄く具体的だったのでどうにも比べてしまいます。

…と思ったら喋る人が変わって、具体的なのがどんどん出てきました。

「安い客なんていくらとっても意味ない」

「高い客の紹介してくれるとこはだいたい高いけど、安いとこに客紹介されてもたかがしれてる」

「良い客とるためには何でもする」

「ピンチのとこはお金だけ回収して契約を切る」

…生々しい話をありがとう。客を大事に、ってのは
「金を落としてくれるとこには媚びる」
ってことだったんですね。
昨日のとこは「利益を度外視して要望に応えた結果信頼を勝ち取った」だったので、また比べてしまう。
説明会の話を全部鵜呑みにして判断するのもよくないかもしれませんが。

営業なんてそんなものなのかもしれませんが、今日のとこは開き直りすぎだと思いました。
贅沢言っていられる状況じゃないんだろうけど気に食わなかったので面接辞退してきました。

あと、「急いでるときはディスカウントショップで買って届ける」って。それでいいのか卸売り。
Sound Concierge Annex
2005年05月11日 (水) 20:21 * 編集
Sound Concierge Annex”Contemporary Love Songs”
selected and Mixed by Fantastic Plastic Machine
Fantastic Plastic Machine Fine Remix Works
annex.jpg

1. Playmate '74 (FPM's Samba Whistle Mix) / Riviera
2. I Feel Love (Fantastic Plastic Machine Remix) / Montefiori Cocktail
3. Behind The Mask (FPM's Sweet Soul Bossa Nova) / YELLOW MAGIC ORCHESTRA
4. Le Freak (FPM's Feel The Rhythm Mix) / CHIC
5. Use Me (Fantastic Plastic Machine City Lights' Remix) / WUZ
6. September (FPM Beautiful Latin Mix) / Earth,Wind & Fire
7. City Lights (FPM Samba Mix) / Fantastic Plastic Machine
8. Belinda May (Edit) / Fantastic Plastic Machine (original track by Ennio Morricone)
9. A River Dry (THE GIRL FROM SOUTH) (FPM REMIX) / PULSE
10. Sex Machine (Fantastic Sex Machine Mix) / James Brown
11. グッデイ・グッバイ (FPM Mix for Nightfly) / キリンジ
12. よる★かぜ (FPM Disco Tropicana) / ケツメイシ
13. Life Goes On (FPM Beautiful Lovers Mix) / Dragon Ash
14. 影と光 (FPM Palme D'Or Mix) / Coralie Clement


やっと音楽エントリー一発目です。

ハウスミュージックの大御所(たぶん)のFantastic Plastic Machine(FPM)のノンストップシリーズ、Sound Conciergeの6枚目です。

今までのとは毛色が違い、ANNEXは今までFPMがリミックスしてきた曲を集めたもの。
さすがに名曲揃いです。贅沢なラインナップです。
1曲目から美味しい曲はいってます。これはFPMではじめて聞いた曲でした。懐かしい・・・Space Program[color]を思い出します。

そして3曲目、Behind The Mask。
もとが名曲中の名曲ですが、FPMっぽさ全開でリミックスされてます。広がりのあるリミックスで聞いてて気持ちがいいです。
しっかりしたリミックスの中にボーカルというか声ネタ(?)が散りばめられていて楽しく仕上がってます。とにかくオススメ。

4曲目のLe Freak、6曲目のSeptember、7曲目のCity Lightsあたりはさすがといった感じです。聞かせてくれます。
そして10曲目。James BrownのSex Machine。
これも有名曲ですが…これも格好良い!格好よさだったらこのアルバム1かも。

11曲目から13曲目はJ-pop…この辺は無難ニ(?)仕上がってます。
グッデイグッバイ懐かしい…。
そして14曲目はいきなりしっとり。アルバムをしっかり締めくくってくれます。

ただ、13曲目のLife goes onから14曲目への繋ぎが…やっぱり唐突すぎるような。
むしろ、全体的にそれぞれの曲の個性が強すぎるのか、ノンストップにするとちょっと強引な気はしないでもないです。
普通にリミックスワークスとしてノンストップにせずCDだしてもよかったんじゃないかなぁ。

でもトータルとしてはやっぱり気持ちがいいですねー。
現在私はヘビーローテ中ですよ。

ついでに、このSound Conciergeシリーズはおまけで壁紙がはいっているので私のPCは今ANNEXな壁紙になっているのですが。
紫で慣れない…今まで404のオレンジだったんですが、それも最初は慣れなかったなぁ、とかなんとか。

●Fantastic Plastic Machine “Sound Concierge Annex "Contemporary Love Songs"”...
ジェイゴーズ
2005年05月10日 (火) 11:38 * 編集
JAGO'S Vanilla Vodka Cream Liqueur

これは試飲しただけでまだ全然まともには飲んでいないのですが…
おもしろかったので書いてみます。
いつかまともに飲んだら追記を。

雰囲気としてはベイリーズアイリッシュクリームに似てます。
ベイリーズのウイスキーをウォッカに変えて、クリームをバニラ風味にしたもの…かな。

試飲したときは冷やしてストレートだったのですが、
ものすごくなめらかです。口当たりが良すぎます。

味としてはシンプルにバニラクリームの味。
バニラシェイクをなめらかにした感じですね。
それだけなんですが、思った以上におもしろかったです。

ベイリーズと同じようにコーヒーなどと合わせてもいいし、冷やしてストレートでも軽く飲めます。ちょっと甘いですが…

生クリームの代わりにもベイリーズの代わりにもなりそう。
これでグラスホッパーとかアレキサンダーとか、B-52作ってみてもおもしろそうです。

クリーム系が好きな人は是非一度お試しを。
ジェイゴーズ バニラ ウォッカクリーム リキュール

どうでもいいけど河内屋のページ、誤字多すぎ(?)
エクストリーム アブサント
2005年05月09日 (月) 16:18 * 編集
最近まで製造禁止だった「飲むマリファナ」、アブサン(Absinthe)です。

(アブサント(absente)などは、absintheという名前が禁止されたために代替品につけられた名前だそうです)

相当いわくつきのお酒です。
主原料のニガヨモギに含まれる「ツヨン」という成分が人体に有害だった、とのことで製造中止になったりとか。
(まずい飲み方すると幻覚とか見るらしい。てんかんの引き金にもなるのでてんかん持ちは飲んじゃいけません。)
また、ピカソ、ゴッホ、ゴーギャン、モネ、ランボー、ボードレール、ヘミングウェイなどが愛飲、崇拝までしたことでも有名です。(一部の芸術家の奇行はアブサンのせいだという説も。)

最近、ツヨン含有量に基準が定められ、Absintheという名前も復活してきました。
そんなわけでこの危険なお酒も割と出回るようになってきました。
代表的なのはペルノ・アブサンです。
当時のレシピを再現してつくってるそうで、かなり甘いです。
あれを角砂糖で飲むのがクラシックなんだろうか…
薬草好き、アニス、ニガヨモギ好きな人はまずこれから試してみるといいかもしれません。

で、今回紹介するのはペルノじゃなくて、これです。
L'Extreme Absente
L'Extreme Absente

L'Extremeです。過激です。
問題の成分ツヨン含有量35mg/l以上(従来品の3.5倍以上…というか自主規制濃度が10mg/lらしい?)
という馬鹿みたいなお酒です。
そして糖分添加がないので甘くありません。

扱いとしては、ビターですね。そのまま飲んじゃいけません。
キャップを開けるとスポイトになっていて、たらして使います。
スポイト


ボトル側面にはこんな注意書きが。
注意書き

フランス語なので読めませんが、この絵がいい感じ(?)です。
ネタとしてもこの怪しさはおいしいと思うのですがどうでしょう?
通(?)は舌の上に直接足らすんだとか。なるほど。

こんな危ないお酒ですが、ニガヨモギの風味は抜群です。
甘くないので、風味付けには最適です。
スピリッツ類にたらしてもいいし、水にたらすだけでもさわやか(?)に。
以前書いた、ウォッカアイスバーグにも個人的にはこれが一番だと思ってみたり。
(…賛同者少ないけどね。)

薬草酒が好きな人、強烈なお酒、危ないお酒が好きな人、ネタが欲しい人、是非どうぞ。

エクストリーム アブサント ビター 100ml 70度(L'Extreme Absente Bitter)
奇跡的な配牌
2005年05月08日 (日) 05:09 * 編集
20050508050903
最初からこれですよ…純チャンイーペーコー三色が見えてます。しかも一萬がドラでドラ2。
(ちなみに裏ドラは三萬、リーチすればドラ4だ。三倍萬か。)

で、最初のこの二索からまったく進展せず。九萬とか九索は一個ずつきたのですが。
河底までイーシャンテンのまま進み、友人があがって終わり。…切ない。

いざ上野
2005年05月05日 (木) 23:59 * 編集
某タキヲンさんが東京に来ているということで、夕飯を食べに行ってきました。


上野、不忍口で合流です。
久々のタキヲンさんは髪が伸びてました。
同じく久々のサイさんには「やせた?」って言われました。
…そんなに会ってなかったっけ…
よく考えたらサイさんのほうが久々だったんですね。
なんか意外というかなんというか。

とりあえずGW最終日の上野は人が多すぎました。
早めに店をおさえておかないとどこにも入れなくなりそうな。

と、いうわけでNIJYU-MARUという店に移動。

タッチパネル式メニュー(カラオケにたまにあるようなやつ)で遊びつついろいろ注文を。
遅刻していたウーロンさんが来るまで乾杯はお預けだ…と、いうことで。
めっちさんのビールはちょっとずつおいしくなくなります。

で、「そろそろつく!」というときにウーさんのビールを注文しておいたのですが、なんだかそういうときに限ってやたらと早く来るビール。
まずい。仕方ないのでめっちさんが一本飲んで証拠隠滅。
ウーさんが来てから改めてカンバーイ!(?)

そういえばタキヲンさんの新刊をもら・・・っちゃいました。
お金はよかったんでしょうか。すみませんもはや。

めっちさんと私でがんがん食べ物を注文します。
すみませんお腹が空いていたんです。
久々に聞くタキヲン節に笑いながら、光るカクテルなんて怪しいものを眺めつつ、私の飲んだカクテルは外ればかりだったりしつつ、店を出て、ドトールへ。

と、思ったら閉店後だったので紆余曲折を経てベローチェへ。
ここで駅前の酒屋が気になったのでひとりで行ってきました。

結構まにあっくなものあるんだよなぁ…と、過去の記憶を思い出しつつ行ってみましたが、…なんか普通だ(?)
ミニボトルの種類は豊富なのですが。

ベローチェに戻って、水を飲みつつまったりと雑談。
めっちさんはコップにいろいろ入れすぎです。

で、御徒町駅で解散。お疲れ様でした。
東京経由で帰宅、東京までウーさんサイさんと一緒です。

行きがけに上野で買ったフリスクがここで既に切れかけてました。
持ってると食べちゃいます。
…ウーさんサイさんもタバコとかよりフリスクを…どうですか。

中央線でサイさんと吉祥寺まで雑談しながら帰宅。
「千葉の方にすんだのかと」っていつの話ですか。(?)
ウォッカアイスバーグ
2005年05月04日 (水) 19:09 * 編集
Vodka Iceberg

ウォッカ 60ml
アブサンorパスティス 2dash

氷(大きめ)を入れたオールドファッションドグラスに注ぎ、ステア。


氷を氷山(Iceberg)に見立てたカクテルで、
どう作ってもきっついカクテルです。
アブサン、パスティスの風味を純粋に味わうにはうってつけなのですが…

使うアブサンによって風味はそこそこ変わってきます。
普通のペルノとかでやるとまだ飲みやすく…なるのかな。
ペルノ・アブサンでつくるのが普通でしょうか。
あ、でもペルノでつくるとにごるかな…
甘みを出したいときはアニゼットで作るといいかもしれません。

私はエクストリーム(L'Extreme)アブサンで作ります。
甘みがないので純粋に風味のみ。
アブサンについてはまた近々書くとして…
L'Extremeで作ると、さわやかに強烈で、一気に目が覚めます。
でも、なれない人には相当きついかも…倒れますよ(?)

あと、バーで注文しても出てこないことがあるみたいです。
アブサンなんて置いてない…らしいですよ。(?)

とにかく、大好きなんですが万人受けはしません。
おいしいって言ってくれた人、一人しかいないよ……(?
(まぁその一人がすっごいはまってくれたのでいいのだけれども!)
5月1日
2005年05月02日 (月) 14:43 * 編集
ぐぁぁぁぁ一回途中まで書いたのに消えた…

改めて。

5月1日は日曜日で1日という好条件だったので、映画オフでした。
新宿でめっちさん、りゅうさん、にしこさん、カラバさんと合流。

真夜中の弥次さん喜多さんを見に行こうと…したのですが。
混んでたので映画変更。

「怖くない、戦争じゃない、恋愛じゃない」
という条件の下、ナショナルトレジャーに決定。

なんか王道な映画でした。なかなかおもしろかたです。

そしてHubでハッピーへ。
ゴールデンウィークだし5人だし入れないかな…と思ったら、
店員さんに「大丈夫ですよー」と自信たっぷりな様子で言われました。

いきなりダイナマイトキッドとか天国への階段とか飲むめっちさんカラバさん。これがそもそもの過ちだったわけです。
挙げ句の果てにモルトビネガー飲んでたのはもう気にしないことに。

途中からゆらも交えてはっぴーで軽くがっつりとお酒を飲みました。カリカリパスタとか食べながら。

そしてHubを出て、さぁラヂオホールだ!!

…入れるもんですね6人。
そして店員さんに妙に笑顔で迎えられます。
…あー、これ顔覚えられたかな…まにあっくな注文ばかりですみませ…ん…

で、ここらでカラバさんがやばいことになってます。
コースター食べないでください。
お通しのカリカリパスタをカクテルにいれないでください。っつか俺のブルームーンがぁぁ!
というかまたカリカリパスタかよ!(?

マニアックな注文をたくさんしました。相変わらず。
アドヴォガードとベイリーズ、ミルクのカクテルはありだなぁ。

あとはラム、バナナ、カカオはやっぱりいいですな。

…でも。カリカリパスタ入れるのはやめてください…

そんなこんなでだいぶみんながおかしくなった頃にラヂオホールを出て、「個室へ行こう!」ってことに。

と、いうわけで個室っぽい居酒屋、「和○雫(な○みのし○く)」に入ったのですが…

大失敗でした。

まず、「またカリカリパスタかよ!」
お通し。しかも客来る前からずっと席に置きっぱなしだし。

お酒おいしくない。料理おいしくない。むしろひどい。
大根サラダとか水っぽいし。から揚げとかありえないし(?)
キュウリまでまずい、ってどういうことですか。

にしこさんが言ってた通り、大根サラダにのってた「鰹節」が一番おいしかったです。

メニュー名「日本酒」ってどうなんだと思いつつ注文してみると
まずいのが中途半端な温度で出てくるし。まずさが際立つ温度ですか…

飲み放題だったのですが酷かったのでさっさと出ました。やれやれだ。

そして、何故かカラバさんと私はめっちさんにしこさんにくっついて王子にいくことに。
すみませんすみません。ワスレテクダサイ。(?)

軽く買出しをして、タクシーでめっちさんちへ。

お邪魔します。野暮ですみませんもはや。

さぁ。
飲ま飲まイェイ!!

相変わらずカラバさんがおかしいflashをたくさんみせてくれるのでもう笑いがやばいです。(?)
コレとか。

他にもいろいろあったんですが、どこにあったかなんてしりません。
めっちさんのブックマークに保存されてたのでいざとなればめっちさんに聞きます。

で、ぐったりしながら、お酒飲んで飲んで。

気付いたら朝でした。めっちさんがお仕事にいく時間だったんですが起きられませんでした。すみません。

ファブリーズを浴びて、王子まで歩いて、帰宅。
吉祥寺ではなまるうどんをたべすぎました。きもちわる・・・

しかしあれですね。
…お腹の肉はさすがになんとかせねば。…そろそろ。
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。