280Proof
何かおもしろいことがあったら書きたくも。
Top | RSS | Admin
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- * 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Captain Morgan Private Stock
2006年09月14日 (木) 23:07 * 編集
captain.jpg


スパイスドラムの定番、キャプテン・モルガンのプレミアム物です。
先日、ウーロンさんにいただいたものなのですが。

実在した海賊、キャプテン・ヘンリー・モルガンから名前を取ったという有名なラムですが、普通のラムと違いスパイストなのでカクテルも制限されるし、買って飲む人は意外と少ないのではないでしょうか。
私もそうでした。実際買うときはもっと応用の利くラムを…と。

Hubのオリジナルカクテル「トランスミッション」に使われていたと思うので、そこで飲んだことがある、という人が多いと思います。
プエルトリコのラムにバニラやフルーツなどを加えたおもしろいラム。


で、そんなキャプテンモルガンですが、今回のこれはプレミアム品です。
Private Stockというだけあって結構レアで、なかなか手に入れづらいラムだったり。
ウーさんにいただいたときも人知れずテンションあがるというものです(?

さて、実際飲んでみる段階になって、最初はライム落とそうと思ったのですが…ロックにしてみました。

で、感想。
ライム落とさなくてよかった。これはロックで飲むお酒です(?

まず、香りから、すっごく甘いです。
味も相当甘い…今まで飲んだラムで一番甘いですね。
でもくどくないのでとても飲みやすく。まろやかです。
カラメルのような甘味にかすかな苦味。それにバニラなど風味が見事にマッチしてます。
ライム入れたら消えちゃってたと思います。

風味はしっかりはっきりついているのに、少しもわざとらしくないあたりがとてもおいしいのです。
そして、40度という度数もまったく感じさせないくらいまろやかに仕上がっております。

かなり甘いですが、ロックで幸せになれるラムです。
機会があれば是非。ラム好きなら飲んでみる価値はあるかと!
ラムレーズンに使ったらきっと最高なんですが…もったいなくてとてもじゃないけどそんな使い方はできません。ロックでちびちび飲かせていただきます。

ウーさん、いいものをありがとうございました!
スポンサーサイト
ヘリオス黒糖酒・原酒50度
2006年01月20日 (金) 22:54 * 編集
ヘリオス酒造という会社の、沖縄のさとうきびからとれる糖蜜を発酵、蒸留し樫樽で熟成した、ジャパニーズラム(?)です。
厳密にはラムじゃないのかな…よくわかりませんが、そんなようなものです。

沖縄ラムということで、COR CORのようなものでしょうか。
で、度数は50度と高め。しっかりした味、風味に仕上がってます。
黒糖の風味も味もしっかり。

ただ、COR CORのときに気になった香りがこっちでも。
COR CORよりはいくらか軽いですが、やっぱり少し気になる…
もしや黒糖の糖蜜ならではの香りなんでしょうか。

あの香りさえなければもっと飲みやすい、使いやすいのになぁ…と。
惜しいところですね。
ブラックウッズ
2005年07月07日 (木) 15:50 * 編集
Blackwoods Shetland Nordic Gin

珍しいシェットランドのドライジンです。
密造酒の時代から引き継がれるレシピで、賞も取ったりしている由緒正しい(?)ジンです。

特徴としては風味がとても爽やかでいい香りです。
ジュニパーの風味がしっかりと。
風味を楽しむという面ではかなり上位に。

ただ、味はちょっとクセが強いので好みが分かれるかもしれません。
最初の爽やかな風味とは裏腹に、後味にはジンの[臭み]みたいなのがモロに来るので、苦手な人にはオススメできないです。

私としては「たまに飲みたいジン」ですね。常に置いてはおかなくていいや。(?

ブラックウッズ・ノルディックヴィンテージ・ジン
ピムリコ ジン
2005年06月20日 (月) 20:40 * 編集
PIMLICO GIN

ロンドンドライジンの一つですが、
名前は聞いたことがあっても飲んだことないという人が多いのではないでしょうか。

結構おもしろいジンだとおもうので紹介。

まず、57度と大変アルコール度数の強いジンです。
日本に輸入されてるジンとしてはトップだとか。
(あと、プリマスも57があるのかな…)
なので、結構そのまま飲むと結構来ます。

風味もアルコール度数に負けずに凝縮されている感じで、
ドライジンらしい風味が思いっきり出ています。強烈。
ただ、後味はすっきりしていていてくどくないです。

ジン好きなら冷凍庫でおもいっきり冷やして是非一度ストレートで。
また、ジントニックなどにしてもジンの風味をもろに感じることができるのでなかなかにおもしろいです。

…しかし、スピリッツカテゴリ、ジンばかりになってきた…

ピムリコ・ジン 57度 750ml
マールDRC クレマン6年 ノールズジュネヴァ15年
2005年06月17日 (金) 16:11 * 編集
昨日は突然飲みに行くことになり、
分不相応なお酒を飲んでしまいました。…ごちそうさまでした。
一応スピリッツカテゴリにはしときますがそんなに詳しくは書けません(?)

まずなんといってもこれ。
マール・ド・ブルゴーニュ DRC[1986]
です。
ロマネコンティのマールですよ。シングル4000円だそうです。
もう何がなんだか。
当然おいしかったんですが…風味がもはや凄すぎました。
出直してきます。

次に
クレマン・ラム
「クセの強いおもしろいラム」ってことでオススメされたのがこれでした。ラムを100種類以上置いてるというお店だったのでいろんなラムが。
私が飲んだのは6年ものでした。
マルティニーク島というところのラムなんだそうで。
そこのラムはサトウキビを絞った汁をそのまま発酵させて作るのが特徴なのだとか。
ブランデーのような、カラメル風味の混ざった重厚な風味。
でも後味ははっきりとラム。甘すぎなくていい感じです。
今まで飲んだラムとしては文句なしでダントツのおいしさ。

もう一口、マルティニークのラムをいただいたのですが名前が判らなかった…くぬぅ。
しかし、ラムの奥の深さをちょっとだけ垣間見た一日でした。満足。

そして
ノールズ ジュネヴァ15年

おうちでカクテル修行中のりーやんさんにもおすすめされていた(?)ジンです。
といってもあっちは20年物なのですがこれは15年でした。
…15年でも充分ですね。
ジンも熟成させるとすっごい重厚になるんですねー…。
でもジン特有のすっきりとした風味もはっきり残っていて飲みやすかったです。
* Top * Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。